熱帯魚 入門、必要なモノ写真【熱帯魚の飼い方・飼育方】


どうか、分かり切ったコトと判断なさらずに、おさらいの意味でも始めから御読み下さい

熱帯魚 を上手に飼う為、本当に必要な物は揃っていますか?


水槽


ガラス製やアクリル製の物(プラスチック製は不可)できれば45cm以上の水槽

置くスペースが無い等の理由で『小さすぎる水槽』で始められる方が少なくありませんが、『小さすぎる水槽』は水質の変化が激しい等の理由で、かえって難しくなってしまいます。容量では30g(45cm水槽)以上の物がお勧めです。

同じ大きさの魚達を同じ匹数だけ60cm水槽と30cm水槽とに収容して、同じエサやりでは、当然のことながら、30cm水槽の方が水質悪化も早いのですが、実はそれぞれの水槽では高さ奥行き共に違いがあるので、水量にすると5倍もの差になっているのです! (60cm水槽・約50リットル、30cm水槽・約10リットル)

本来の飼い主の処[ところ]に行くまでの間、当店で羽を休めている10cmにも満たない水の妖精(フェアリーfairy)達にとって60cm水槽ほどのスペースがあれば、その躍動[やくどう]する姿や命の輝く瞬間を垣間[かいま]見ることができるでしょう。

その一方、余りに小さな水槽で閉じ込められているに過ぎない魚達を眺めても何の感動すら見い出せず、興味を持てなくなったとしても無理もないのではありませんか?(小さすぎる水槽のサイズは飼育者により変わります)

生き物を飼う以上、最後まで面倒を見なければならないのは当たり前としても、でき得[う]る限り健[すこ]やかにあって欲しいもの。 だからこそ当店では『小さすぎる水槽』を否定し、初心者達が60cm水槽ぐらいのスペースや、その対価を払うだけの価値を持てないのであれば、最初から魚達を飼おうとしてはならないのでは?とさえ考えるのです。 (本音・入れては死なせを繰り返す命の消費者であることが多いから相手をしたくない) 生き物を『手軽に』飼い始める方達は、いとも簡単に死なせてしまいもするのです。

ほとんどの場合『水槽セット』として購入されると思いますが、各サイズの中でも『60p水槽セット』が最も安価(割安)で手に入れられるでしょう。「コストパフォーマンスに優れている」≒「最も売れている」るからこそ「初心者に向いている」とも言えるのです。それは初心者にありがちな『魚の入れ過ぎ』や『エサのやり過ぎ』等の失敗を許容[きょよう]するだけの水量があるからこそ!! 初心者でありながら『小さすぎる水槽』≒『死んで当たり前の飼い方』を選ぶ方には、少なくとも当店の『上手に飼えて当たり前の魚達』を売りたくはありません。

何故[なにゆえ]当店が『手厳しい』のか不思議がる方達も多いでしょうが、『上手に飼えて当たり前の魚達』を上手に飼う為に必要な『最小限の手間』をお願いしているのに過ぎません。 熱帯魚 を上手に飼うことは簡単な事ですが、『少しの(最低限の)手間すら掛けずに飼える生物』は少なくとも当店にはおりません。その手間も、死なせてばかりで無駄の多い飼い方に比べれば、遙かに少なく、無駄がないからこそ、簡単で、(当店でなら)誰もが上手に飼えるのです。

私たち人間は大気(空気)の中でしか生きられません。同様に、熱帯魚 達は水の中でしか生きてゆけません。そこに大きな違いが有ることを知ってこそ、上手に飼う為の一歩が始まるのではないでしょうか?身近なようで遠い別世界である水の中での営[いとな]みを理解しなければ、魚達や水草を美しく育てることなど、できるはずがありません。

アレもコレもなんて言わないよ〜(^−^ ;、フェアリーズならpH(ペーハー)だけで十分!

反対にpHすら知ろうとしないのなら、なぜかも判[わか]らずに、死ねば足す、といった飼い方を改めることすら出来ない命の消費者になってしまうかもしれません。


ライト(蛍光灯)


60p水槽の場合「20W×2灯のライト」が付いているセットを購入しておけば間違いありません。『安いダケの水槽セット』は「20W×1灯」なので買い換えたりすると結局、かなり高くついてしまいます。『安物買いの銭失い』にならないように…。水草は消耗品ではありません!

「2灯のライト」を勧める最大の理由は水草を上手に育てるために他なりません。『難しい水草』とは『不十分な光では育てることができない水草』なのです。2灯のライトであれば、かなりの種類が二酸化炭素(CO2)を添加する設備など無くとも簡単に育てられるのです。初心者(1灯のセット)の方が「水草が育たない」と相談して「二酸化炭素を添加しないと…」と勧められ低圧ボンベの二酸化炭素の添加装置を買わされる事が多いのですが、ほとんど無駄でしかありませんその水草にとって最低限必要である『光』が無ければ、二酸化炭素や肥料を添加したところで無意味なのです!

たまにライトを設置すらしていない方がいるのですが、『光』は大変に重要なモノだと知っておく必要があります !! 『光』なくしては地球上の全ての『生命』など存在し得ないのです。(深海の熱水鉱床などには『光』に依存しない『営[いとな]み』もある)

私たち人間を含め魚達や全ての動物は他の『命』を奪う(野菜にしろ肉であれ、他の生物を食べている)ことでのみ『生[せい]』を紡[つむ]ぐことが可能であるとも言えます。が、植物達はどうでしょう?知ってのとおり、『水』と『二酸化炭素』を『光』によって『ぶどう糖』に変えてしまう『光合成』で『エネルギー』を得ることができ、様々な無機塩類(ミネラル)からアミノ酸などの有機物を作り出すことのできる『生産者』で、生命に溢れるこの青い惑星を支えている『欠くことのできない存在』なのです

上述のように植物は『光』なくしては存在できません。ですから『光』が無ければ『植物』は無く、直接または間接的に『植物』を摂っている(食べている)全ての『動物』もまた、存在できないのです。『食物連鎖』という大きな環[わ]の始まりは『光』にあるという事実がお解[わか]り頂けたでしょうか。

水槽内では『植物』は水草だったり、『こけ』と呼ばれる藻類だったり、はたまた植物性プランクトンという目に見えない小さなモノ(爆発的に殖[ふ]えてしまうと水を緑色に変えてしまうことで、その存在を知ることもある・アオコまたはグリーンウォーター)として水槽内の環境に多大な影響を及[およ]ぼしているのです。

しかしながら、太陽光線のように余りにも強すぎてしまえば植物性プランクトンの爆発(アオコ)や、こけ(藻類)の大発生を誘発し、水温の上昇等、水槽内の環境に悪影響をもたらす事になるので60cm水槽なら20wの蛍光灯2〜4本で管理するのが無難です。


フィルター(濾過器[ろかき])


水槽の水をキレイに保つための肝腎要[かんじんかなめ]の心臓部!! 肝腎要の肝は肝臓、腎は腎臓のことで、未だ人知の及ばないト・ン・デ・モ・ナ・イ濾過器!! 何れを病[や]んでも命に関わるコトから、重要なモノの例えに用いられている。(肝心要も使われる)

これ程までに重要な『濾過器』を初心者や俄[にわか]マニア、漠然[ばくぜん]と飼っているに過ぎない『命の消費者』達が使用せずに(機能させられずに)『上手に飼えているつもり』だったりするので、あきれる他ありません。確かに当店の水槽の中には数万円の魚達が泳ぐ『濾過器』の付いていないモノも存在します。しかし、その水槽の水は『濾過』されているのであって『濾過』の何たるかも解[わか]らず『魚達が水面でパクパクしている(鼻上げ)理由』すら知ろうともしない方達の水槽の『水』とは次元の違うモノなのです。

濾過の不十分な『水』には、アンモニアや亜硝酸[あしょうさん]といった有害物質(呼吸毒・人間にとっての一酸化炭素などがソレにあたる)が蓄積してしまい、水の中に十分な酸素が含まれていたとしても酸欠を引きおこし(酸素を運ぶべき『ヘモグロビン』と結合してしまう)『水面でパクパクしている様[さま]』が、実は、『苦しさの余りの行動』だと知る必要があるのです。『亜硝酸』や『pH(ペーハー・ピーエイチ)』を測[はか]りもしない者が行[おこな]うソレは、『安い魚だから別に死んだってイイ』ッて考えが頭の中に存在するからでしょ?生き物を飼う上で『無知は罪』ともいえるが、この場合はより酷[ひど]いと言わざるを得ません。(死ぬのを待っているダケなんじゃないの?)

濾過器も付いていないのに『長いこと飼えた』的な話を耳にすることもあるが、その中身は、水(水自体に濾過能力がある)が支えることのできる匹数以外は早々に死に果てているし、継ぎ足されて魚が入れ替わっているダケだったり、寿命の半分も生きていなかったり、十分な栄養も与えられず成魚の半分にも満たない大きさにしか成れなかった魚達だったり…、己が無知を悔い改めるべき内容でしかない『悲惨』なモノなのです

上部フィルター  (60a水槽セットのほとんどがコレ!)

初心者にありがちな、「魚の入れ過ぎ」や「エサのやり過ぎ」等の失敗をも受け止める 程の優れた濾過能力!濾材[ろざい]や本体の掃除も カ・ン・タ・ン! 値段もお手頃!まさしく初心者の為(ベテランにも)の濾過器 !! 瀑気[ばっき]の能力も高い!

外部密閉式フィルター  (エーハイム、プライム等のパワー?フィルター)

書籍に紹介された『水草密植レイアウト水槽』に憧れて、このタイプの濾過器が付属したセットを購入されたり、上部フィルターから買い換えたりされる方が多い。

ただ大半の?熱帯魚 店で初心者達が『死んで当たり前の魚』を買わされた挙げ句に「濾過能力が弱い」等と「こじつけ」られて買い換えや追加を勧められる事も少なくありません。また、死んでしまう原因を濾過能力不足と勘違い さ・せ・ら・れ・て 一つの水槽にいくつもの濾過器を付けている初心者も見受けられます

パワーフィルターは決して「パワー」がある訳ではありません!!(エアーポンプからの空気の気泡がパイプ内の水を浮力で押し上げる【エアーリフト】能力に比べて?パワーがある?! 揚水ポンプで、より多くの水を循環させられるタイプ全てに向けられた言葉なのかも?)むしろ、(コスト比の)濾過能力は上部フィルターより劣ると(当店では)考えています。水槽の適合サイズより1ランク上のサイズを勧められるでしょ?

パワーフィルターが悪いとは言っていません。魚達にとって最も静かな濾過器に間違いなく、優れた部分もたくさんあります。それぞれの特性を理解した上で使用しましょう

パワーフィルターを使用する際に最も注意しなければならない事『瀑気』‥注【エアーポンプ等で空気(酸素ではない)を送り込むことで水槽内の生物活動によって増えすぎてしまった二酸化炭素(CO2)を追い出し、少なくなった酸素(O2)を取り込む働き《ガス交換》】の能力が劣る(だからこそ水草水槽において添加した二酸化炭素を逃がさない)という事です。

水草も生物である以上『呼吸(酸素を消費して二酸化炭素を出す)』をしています。更に消灯中は『光合成』をできずに、『酸素を消費するだけの存在』でしかない事を忘れてはなりません!このデメリットに気づかずに魚達を酸欠のストレスにさらす事で調子を崩させたり、病気にしてしまったり、大半の魚達を死なせたりする方が意外に多いのです。(夜間にエアーポンプ等で『瀑気(エアレーション等)』する事で解決できます。忘れたりする事が無いようにタイマーで管理する事!)

注・【水と空気の境界面では、水に溶けている気体が大気と同じ割合になろうとしている

数年前から発売された新機種からフィルターケースの脱着が簡単に改良され、濾材の洗浄など、メンテナンスが容易になったとはいえ、濾材の洗浄を怠[おこた]り汚れを溜め込んでしまうダケのイレモノにしている方も少なくないので注意して下さい。(コケの大発生の要因)

底面フィルター (熱帯魚 店の水槽の大部分がこのタイプ?)

当店(小型美魚・水草専門)では60aや90aですらニッソーのバイオフィルターを1枚で十分!2枚3枚と敷き詰めるより、リセットのし易さを優先しています。(★オリジナル底面フィルターができました!! \1,000〜)

底面フィルター+エアーポンプ‥初心者にとってはエアーポンプの作動音や空気の「はじける」音(エアーラッシュ)が気になる等の理由で、あまり縁の無いタイプですが見かけによらず優れた濾過方式なのです。(だからこそ多くの店の水槽で使われている。)

底面フィルター+水中ポンプ‥ 空気の気泡の浮力を利用して水を汲み上げる方法(エアーリフト)より多くの水を動かすことのできるタイプですが、やはりパワーフィルターと同じく瀑気能力に乏しく生物(魚+水草)の量に注意が必要です

底面フィルター+他のフィルター‥優れた濾過能力を持つ底面フィルターを加えるだけで、かなりの濾過能力アップが期待できます。意外に濾過能力の劣るパワーフィルターに追加してあげましょう。(ニッソーのバイオフィルター1枚で十分!)

壁掛け(外掛け)式フィルター‥(主に小型水槽セットに付いている)

少し前までの小型水槽セットにはエアーリフト式の(底面、スポンジフィルター等)フィルターが定番だったのですが、近年ではこのタイプに変わっているようです。 壁掛け式フィルター用のストレーナースポンジが発売されているので活用しましょう。

その他のフィルター‥

あくまで当店においては上記の壁掛け式や、スポンジフィルター等のエアーリフト式フィルターは初心者にお勧めできる物ではありません

たとえ初心者にとって求めやすい安価な魚達も、高価な魚達と同じ『魚』であることには違いないはず!! 飼育する為に必要なモノにも違いなどナイのです。初心者なればこそ余裕のある水槽(60cm水槽)、ろ過器(上部フィルター等)で始めましょう!

濾材 (濾過器の中に入れる材料)

できるだけpH(ペーハー又はピーエイチ「水の酸性、アルカリ性」)に影響を与える物は不可! ←分からない方は『白いウールマット』で十分!? 何[いず]れの濾材も新品は必ず流水でよく洗ってから使用すること!(特にウールマット類はホースの出口を絞って得られる強い水流で洗いましょう)

活性炭(セットに入れられていることが多い)あくまで当店では『必要な時だけ!』使用すること(ほとんど使いません!)としています。良くも悪くも、強力な吸着力を持っているので、病気の治療の為に入れた薬や水草の為の肥料等も吸着されてしまい、その効果も発揮できずに無駄になってしまいます(選択性が無い)。pHにも影響します

セラミック製濾材‥これも活性炭と同じく強い吸着力を持っているため、初心者には勧められません。(水が青くなる魚病薬の使用後に染まっているのが確認できるでしょ?)

当店オリジナル濾材‥熱帯魚 飼育の成否を大きく左右する重要な物で市販されている物にお勧めできる物が無ければ、満足が得られる物を用意してしまうことが、当店を『アクアマイスター』たらしめる所以[ゆえん]!(しかも安価!上部フィルター用 ¥1000 ・パワーフィルター用 \1,000〜\3,000)

市販されている物の中で敢[あ]えて選ぶとすればエーハイム社の『エーハイサブストラット』、ちょいと高価なのが珠[たま]にキズ

どのタイプの濾過器や濾材にもいえるのですが、メンテナンスを怠[おこた]り目詰まりしている状態では水を浄化するどころか毒性の高さで高名な亜硝酸を製造するモノになってしまう !! ので絶対に避けなければなりません。スポンジフィルター等が勧められないのは、その『目詰まり』の起こり易さに由来しています。

水槽や魚達、エサの量に対して濾過器が能力不足だと、アッと言う間に目詰まりをおこしてしまい、気付かずに放置しておけば、魚達に大きなダメージを与えるのは必至。

また、必要以上に大きな濾過器を付けたり、一つの水槽にいくつもの濾過器を使用しても常に多くの汚れを溜め込んでしまうこととなり、急激なpHの低下や、それにより頻繁な水換えに追われたりして、挫折[ざせつ]してしまう人も少なくありません。

例えpHの低下をサンゴ砂等で防いだとしても藻類(こけ)の大発生に悩まされ続け、防藻剤や除藻剤の使用により魚達を死なせたりして(特にエビ達は イ・チ・コ・ロ、コリドラスやプレコ等のナマズ類や古代魚達も影響を受けやすい・水草達にも少なからず影響を及ぼす)殺伐[さつばつ]とした水槽を眺[なが]めても興味を失うことでしょう

密閉式外部フィルター(パワーフィルター)等に使用されるコトの多い、マカロニ状の濾材は、目詰まりを避ける為、できるだけ掃除(メンテナンス)の間隔を空ける為に、粗い濾材から徐々に細かなろ材にとセットされているわけ。(当店では別 !! オリジナルの濾材に薄いマット状のスポンジのみ・目詰まりし難く、効率も良い !!)ですから、マカロニ状の濾材を(メンテナンスの容易な)上部フィルター等に使用しても、内部の空間が無駄に等しく、効率が悪くなってしまいます。(効率が悪いから別の濾過器を追加しているのでは?)また、このタイプの濾材の多くはセラミック製で必要以上の吸着能力を持ってもいるので注意が必要です


保温器具(ヒーター & サーモスタット)、温度計


‥ほとんど電子サーモスタット! いい時代になりました。

一般に、23℃〜30℃を超えないよう管理する必要があります

初心者には電子サーモであれば問題ないでしょう。地震など「万が一の事」を考えれば『空焚き防止機能付き』なる商品もあるので、それなら安心です!  器械が苦手という方は『一体型』や『水温固定式』(25℃〜26℃の物)なら、センサー部分を水から露出させたり、ヒーターのプラグを差し違える事で魚達を「茹で上げる」(もちろん全滅)なんて大失敗をせずに済みます。(メッチャへこむぞ〜!)

『白点病の時に水温を上げる事ができないの?』なんて考えをお持ちの方、大丈夫!そもそも、当店以外から『水一滴』持ち込まない限り白点病なんてありえません!(だから当店のお客様なんて薬も必要なけりゃ、そうそう魚なんて死なせやしません。だから売る物がない(^−^ ;儲からない( ̄▼ ̄|| )『病気』の殆どが持ち込みだという事に気が付いて (ノ`Д´)ノ

詳しくは『病気編』で述べますが、仮に「他店で白点病の魚などを買わされた方(水草だろうが水槽内のアクセサリーでも、白点病の原虫の居る水一滴持ち込むことで発症の可能性アリ)」が相談に来られても水温を上げないようにアドバイスしております


フタ‥ガラス蓋


蛍光灯の光を反射したり、フタに付いてしまう事が避けられない、汚れが遮ったり、光に関するデメリットはあるものの、魚達の飛び出しを防いだり、保温効果を高めて電気代を安くできる等、メリットも多いので初心者は付けておきましょう。


底砂(底床?)


意外に?重要!! 熱帯魚飼育の成否を大きく左右します!

pHに影響を与える物は不可!pHを調節する底砂なんて、以[もっ]ての外!(理由は後述)あくまで当店がお勧めできる底砂は『当店で扱っている「硅砂の一種」のみ』と言えるほど、良い物が少ないのです。(通信販売承ります。約10`¥1,800+送料)

最もポピュラーな「南国砂(大磯砂)」は貝殻などの混入によりpHに影響を与えてしまいます。貝殻を硝酸などの「強酸」で処理する方法もありますが、コストと手間(リスクもある)を考えれば当店の『お勧め硅砂』が遙かに良いと言えるでしょう。

近年ブーム?の『ソイル系』と呼ばれる「火山灰性の土壌を軟焼結した底床材」は『pHの調整を目的としている底床』の為、当然ダメ!!(理由は後述)又、掃除(メンテナンス)が不可能な事も理由のひとつです。脱初心者の方達に対しても、『「どうしても」と望まれれば止めはしないが…』というスタンス(立場)でしかありません。 (一年程度の周期で新たに底砂を買わせるための?、商売人に都合の良い商品?)

底床?(底砂)を語る上で外せないのは、底床が水の濾過に大きく関わりを持つことにあると言えるでしょう。使用されている『濾過の方式』が底面フィルターでなくとも、大きく貢献[こうけん]しているのです。濾過に大きく寄与している底砂を『掃除が面倒』などと敷かないでいるからこそ濾過不足を生じ、濾過器を別に追加するハメになっているのではありませんか?(例‥ディスカスのベアタンク水槽や大型魚の水槽など)

底砂の『掃除が面倒』などと考える者の多くは『間違った掃除の方法』を実践しているに過ぎないのではないでしょうか?入門書の一冊も読みもしない『せっかちな』方では、タブーである全量の水換えと共に底砂を取り出し、ゴシゴシと洗ってしまい、せっかくの環境を台無しにして、魚達を死なせているのです。(環境の変化については後述)

『死んでなけりゃ(全量の換水でも)イイでしょ?』なんて考えも捨てること!! 無知ゆえに『かろうじて生きている』・『何とか飼えている』コトに気付きもせずに、『死んでない』=『上手に飼えている』なんて、余りにも安直[あんちょく]過ぎやしませんか?

『間違った掃除の方法』では、せっかくの休日の半分ほどを割[さ]いて行った労力の割に、見合うことのない結果しか得られないので『水換えがタイヘン』、『難しい』と飼育そのものを諦[あきら]めたり、『初心者向きとされる安価な魚達』を入れては死なせを繰り返す漠然とした飼育法に落ちぶれ果ててしまうのです。

『正しい水換え(底砂の掃除)』は60cm水槽でも慣れれば30分も掛からないので、時間や手間、コストがはるかに掛かり、良いコトなど一つもない『間違った水換え(底砂の掃除)』は今すぐにでも改めなければなりません。


水‥水道水


地下水などを含め、飲料に適する水であれば、ほぼ問題は無いのですが…

マンション等、集合住宅の殆どでは、高架タンクに防藻剤(亜鉛、銀などの重金属)を含む塗装がしばしば使用され、エビ達が飼育できなかったり、ナマズ類や古代魚などが短命に終わってしまう事があります。(水換え不要を謳う商品に含むモノあり!)一部の地域では鉛製の水道管が埋設されていて、不調の原因となり得るので注意が必要。

浄水器の水 注意が必要なタイプがあることを知っておいて!

アルカリイオン水は『電解されて電気を帯びた(触れる物を)変化させやすい水』なので、「足し水」ぐらいなら大丈夫ですが、できるだけ使わないようにしてください。

逆浸透膜フィルター(リバースオスモシスR・O)水の安全性が意識されだして数年が経ちましたが、なんと最近はこんな物までが御家庭に設置されているのを知ってビックリ! セールスマンに『「NASA(アメリカ航空宇宙科学局)」で開発されてスペースシャトルでも使用されている…』ッてなセールストークを聞かされていればコレ!ほぼ純水を作り出してしまう優れた浄水器なのですが、『水清くして魚住まず』の諺しかり、極端に水質が変化しやすい(極端なpHの低下)ので初心者には扱いづらく注意が必要です。

その他の浄水器 中空糸フィルターや活性炭のカートリッジ式の物は問題ありません。

海水魚のタイやクロダイと淡水魚のフナや金魚を同じ水槽の中で飼育している様などを特殊な水の効能のように謳[うた]う浄水器など様々な商品が溢れています。水や魚の知識があれば、このようなギミックは簡単な事なのです。浸透圧調整に秀でた上記の魚達は両者の中間の塩分濃度であればそこそこの期間の飼育が可能なのですから…(もちろん魚達にとって良いことではない!我慢を強いているだけ!)。

浄水器に求めるべきは『(安全な)水をおいしく飲めるようにすること』に尽きるのです。近年の日本人はコーヒーやジュースなどが余りにも身の回りに溢れている為、水を飲まなくなり『体の中の水換え』が不足していたり、『ミネラル(無機塩類)のバランスが崩れる(不足を含む)』ことで生じる不具合に悩まされています。なんだか水槽の不調の原因と一緒じゃありませんか?(死んで当たり前の魚を買わされているのは論外

水換え用の水が最初から「汚れている」≒「濃い」のでは老廃物を効率よく「排出する」≒「薄める」ことができません!やはり、水換え用の水は「キレイな」≒「薄い」水であることが大切なのです。コーヒーやジュースばかり(既に色々な物が溶けている濃い水)では(体内の)効率の良い『水換え』はできないのです。


場所(スペース)


‥コレが無いと始まりません。(当たり前だ!ッて突っ込みは大歓迎!たまにボケま〜す。)

太陽光線の影響をできるだけ受けない、寒暖の差が少ない、振動が少ない、観察が疎[おろそ]かにならない場所であること。例‥居間など

ちょっと脱線するけど、自分の子供の躾(しつけ)も「ろくに」できない若い親には、子供の手の届かない所ッて付け加えておきま〜す。そういう親は『情操教育の為に…』とか言いながら水槽をバシバシ叩く子供を叱る事ができないでいる輩[やから]が多い!

「相手を思い遣る気持ち」や「小さな命を気遣う心」を育[はぐく]むべきであって、決して『命』を弄(もてあそ)んだり、軽んじたりする事があってはなりません。社会が悪いだとか、学校だとか、なんだかんだ言っても、親が『人』としての根幹を決めるんじゃないだろうか?(ちゃんと魚達がビックリしている事を教えてあげましょう

初心者が「小さい水槽」を選びたがる理由の筆頭に「スペースが無いから」がくるのですが、ちょっと物をよせれば60p水槽を置くスペースぐらいできませんか?2台置ける専用台なら、下のスペースに今まであった物を置くこともできるし、どっかの少女監禁事件じゃないんだし、自由を奪っておきながら犯人いわくは、『喜んでくれていると思った…』なんて、余りにも自分に都合が良すぎるのでは?

当店が小形美魚専門なのは、マグレでもいいから飼育している魚が孵[かえ]る事のできる水槽のサイズにして下さいッてダケ !! 飼おうとする魚達が孵る事のできる水槽が用意できないのであれば、その大きさの魚は飼わないでッて事!



‥できる限り専用台。他の物は水槽なんて重量物を載せる為には作られていません

60pレギュラー水槽で70s〜80sにもなることを忘れずに!60センチ水槽用のスチール製組み立て二段台ではニッソーの物がしっかりしてお勧め。少々高価だが木製組み立て二段台がより丈夫でインテリア性もグッとアップするので考えてみては?

初心者ではイキナリ90センチ水槽や120センチ水槽で始められる方は少ないでしょうが、ステップアップされる時の参考までに…
当店では鉄製角パイプ(40ミリ角、厚さ2ミリ)を使用したオーダーメイド台も承っており、好評頂いております。90×45×80H \22,800(少々の寸法違いで値段は変わりません)120×45×80Hで\28,800(送料別・納期、約3週間)と安価ですが、とてつもなく頑丈!!防錆塗装を施した上に黒い塗料を載せている(三重塗り)ので非常に錆にも強く、永く使用していただけます。筆者の正直な感想としては、90センチ水槽以上の市販の組み立て式スチール製角パイプ二段台は余りに強度不足を感じてしまい(だって簡単にグラグラし過ぎ!!)お勧めできるモノではありません。

台を使用せずに床に直接だと、物をぶつけやすく事故につながりやすいので注意が必要です。なにより(高低差を利用できず)水換えがタイヘンで避けた方が無難。また、魚達を振動で驚かせて、飛び出させてしまいます。換水用に 水中ポンプを買うぐらいなら、水槽台の方が安いでしょ?! お風呂の残り湯を洗濯機に入れたりするバスポンプ?は『安物買いの…』に成りかねないので…、抗菌仕様で魚達を死なせてしまうかも?


筆者の考えを難しく受けとめる方がいるかもしれませんが、ココにある飼い方は、如何[いか]に無駄を省[はぶ]くか、楽にできるかを述べているのであって、アタリマエの事について何故[なぜ]かを解[わか]りやすく説明するのが難しい事に違いはありません。

次ページ『超難題 !! 良い店の選び方』へ

メニュー(熱帯魚入門、目次)へ戻る
トップへ戻る

誰でも簡単にレイアウト水槽が作れてしまう流木アートオブジェ
流木アートオブジェ