BGM by あおのこころ

当店では、ある程度の経験を積み、入荷直後や病気の魚達を見分けることが可能になり、安売り店(死んで当たり前の魚達を売っている)で状態の良い魚だけを買っているつもりの俄[にわか]マニアや、安い物ダケを求めて、方々[ほうぼう]の店に顔を出す、賢い消費者きどりの勘違いさん達に、当店でしか手に入れられない、上手に飼えてアタリマエの魚達や、本当に必要とされる器具、的確なアドバイスの販売、提供を遠慮させていただくことがございます。

上手に飼えて当たり前の魚達や本当に必要とされる器具までも、死んで当たり前の魚達を平気で売る、『販売店』との価格競争に巻き込まれ、正当な対価が得られない現状では、真摯な熱帯魚店が報われるハズなどありません。

上手に飼えて当たり前の魚達や本当に必要なモノだけを販売することが、いかに困難な事か、ご理解頂けましたでしょうか?ましてや、既に死んで当たり前の魚達(厄介な寄生虫を持っている)が入れられてしまった水槽になど、せっかくの(上手に飼えてアタリマエの)魚達を提供しても、その違い(病気や寄生虫を持ち込まないというメリット)も無に帰[き]する可能性が高いので、真摯な熱帯魚店にとって、その違いを知っていただく機会は余りに少ないのです。

どんな分野においても核心なコトは教えずに、適当にあしらう方が(試行錯誤を繰り返すため)様々なモノが売れて、商売としては都合が良く、(同業の)新規参入をも防ぐことになるでしょう。ですが、命ある魚達を単なる商品でしかないと割り切ったり、買われてゆく魚達が死んでしまえばいい、なんて考えを持つことができません。こうすれば誰もが上手に飼える、と判っている以上、その方法を伝えずにはいられないのです。

それでも安価な死んで当たり前の魚を買い続けたり、売る側に都合がよいだけの飼育法でダマされ続けるのですか?アドバイスや魚だけを買い求めるのに都合の良い存在としか考えられませんか?それだと真摯な熱帯魚屋さんは存在できない、と解っても変わることができませんか?

かなり(ネガティブな)前置きが長くなってしまいましたが、熱帯魚界の悪循環の仕組みを理解して頂けないと、単なる商売上の宣伝文句と誤解され兼ねないので御容赦の程を。


真摯な熱帯魚店の置かれている現状を理解し、その趣旨に共感、理解して頂ける方のみ入店ください

熱帯魚を上手に飼いたい方達の為だけに存在する
aqua-meister. Fairies(アクアマイスター フェアリーズ)へ入店する


メニュー(熱帯魚入門、目次)へ戻る
トップへ戻る


HP用フリー素材サイト「body background」